枇杷茶や黒ウーロン茶のダイエット効果

お腹まわりの内蔵脂肪は、とにもかくにも早くダイエットすべきです。

病気リスクをさげるためにも今、できることからはじめなくてはいけません。

そのような努力の一環として、内臓脂肪を落とす飲み物を添加してみましょう。

ここではお茶がわりに定期的飲む事でちょっとずつ内臓脂肪を減らしていき、内臓脂肪ダイエットのバックアップとなるお茶をご解説したいと考えます。

最初に日本人なら定期的飲んでいる「緑茶」ですが、今の時代はまったく飲まない人も増大しているとの事。

何とぞ定期的意識的に飲んでみましょう。

緑茶には多くのカテキンが内蔵されていますが、このカテキンこそ内臓脂肪ダイエットをバックアップする働きがあるのです。

緑茶の中でも日光にたくさん当たったお茶の葉にはカテキン含有量が高く、いわゆるリッチ緑茶より庶民的な緑茶の方がイチ押しとなります。

第二にご解説するのが「黒烏龍茶」です。

中国ではウーロン茶をよく飲まれていますが、特に油っこい中華料理を食べたケースに、中国では黒烏龍茶を飲むと言われています。

食事と共に飲む事で、脂肪分の約2割をセーブするとも言われているのです。

黒烏龍茶に含有の強力なポリフェノールが脂肪の吸収を抑え、排出をバックアップします。

他に「枇杷茶」もイチ押しです。

漢方の生薬としても、薬膳としても諸々な病に良いとされてきた枇杷茶ですが、内臓脂肪縮小成果の他、血圧を抑え、血糖値の正常化などにも役立ちます。

コレステロールの分解影響もあり、血液の流れをスムーズにしていく成果も。

他にも利尿作用やデトックス成果も高いお茶です。

第二にご解説するのが「プーアル茶」です。

デトックス影響が高く脂肪燃焼影響も高いため、スポーツの前などに飲むと、より代謝を高めてくれます。

他にも体内の脂肪分、糖分の分解成果が高く、血糖値を抑え血流促進影響も高いお茶です。

またもう一つ、南アフリカの極限定しれた地域にだけ生息する植物のお茶で、奇跡のお茶と言われてきた「ルイボスティー」もベストチョイスです。

ルイボスティーはミネラルの宝庫といわれており、強力な抗酸化パワーを持っています。

また中性脂肪を下げる影響もあり、内蔵脂肪ダイエットのアフターケアとしても高評価の高いお茶です。

他にも「杜仲茶」も内臓脂肪ダイエットに評判のあるお茶です。

内臓脂肪を徹底的に減らしたい人にイチ押し。

2週間杜仲茶を飲み続けていたところ、内臓脂肪が二分の一になったという場合があるほど、内臓脂肪の減量に向いているお茶です。

加圧シャツも活用するとよいですよ。

http://www.westcoastmenscenter.com/←おすすめ加圧シャツランキングはこちら

最近、話題の加圧シャツですが、毎日着用することで、負荷がかかって何もしなくとも多少のダイエット、筋トレ効果が見込めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です