ケアマネージャーの試験は、全国統一で10月に!

ケアマネージャーの試験を受けてみたい!という方、ケアマネージャーに関心を持っている方、ケアマネージャーの試験について少し突っ込んで見て行こうかなと思います。

ケアマネージャーの試験は、全国調整で同じ日に行われます。

ほとんどは、10月に予定されています。

ケアマネージャーになるには、この試験が必要になります。

年に1回しかない試験ですので、何とぞ逃さず受けるようにしましょう。

申込みは都道府県ごとに行うので自らの済んでいる市町村を参考にしましょう。

都道府県ごとの申請になるのは、ケアマネージャーの資格が都道府県から発行されるからです。

ケアマネージャー試験の申込日程は、都道府県ごとにバラバラなようなので、自身の済んでいる都道府県の参考には必ずに欠かせませんね。

ポイントとしては5〜7月と結構バラつきがあるので忘れないようにしましょう。

ケアマネージャーになるには必ず落とせないこの受験。

ケアマネージャー試験を受験する資格がある人は、一定の前提を満たした実務経験者に限定しれているので、おおかたの人が働きながらの受験になります。

どんなときでもゆとりをもって勉学が可能なわけではなく、大いにシビア試験ではありますが、やはり長年実績を重ねてきたケアのベテランさんたち、ここは1つふんばっていただきたいものです。

そして、ケアマネージャーの試験自体は、そもそもが受験しにくくなっており大いに狭き門です。

というのも、受験が可能な前提や免除などが改定され、面倒になっているからです。

もしかして今後もそのように受験の前提や試験に関して局所改訂が行われる見込みがあります。

「去年受けたから本年も同じだろう」は通用しない事例があるので、煩わしいでも絶対情報は手に入れておきましょう。

私はケアマネージャーではないのですが、働きながら国家資格を取った経験があります。

だけど資格を取った時の喜びや成し遂げる感、その資格を現場に生かす喜びは現実に大きいものです。

ケアマネージャーを目指す皆様が、今後の世話の現場を作って行く人達です。

ケアを受ける人も、働く人も、心地よいで思いやりのある環境でいられたらいいですよね。

ケアマネージャーになってみたいという方も、現場で豊富に経験を積んで、試験を受けられる日まで頑張ってくれなと考えます。

一人前になるまで収入的にも厳しいという方はショットガン投資法などで株式投資を学ぶことによって副収入を増やす方向へシフトするというのも手だと思います。

本業はきちんとやったうえでです。