肥満体型ですと身長があまり大きくならないという話を聞いたことがないでしょうか?

実際の話し、成長期に肥満体型だった子どもたちは、身長が伸びない場合が多いということが科学的に証明されているのです。

太っていますと、体に大量の脂肪がつくほど栄養をたくさん取っているわけです。

よって、成長ホルモンがたくさん分泌されてので軟骨がどんどん成長し身長が伸びるのでは?思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、実際は反対に、肥満になるほどに成長ホルモンの分泌量は減ってしまうのです。
というのも、成長ホルモンを分泌させるのは脳機能ですが、肥満になって身体が横に大きくなると、脳は「身体が大きい=大人になった」と判断してしまうのです。
そのため、身長を伸ばすための、成長期に必要な分量の成長ホルモンは「分泌させなくても良い」ということになり、必然的に分泌量が減ってしまうのです。

日本綜合ヨガ協会 会長 上嶋修弘さんが提唱するヨガを身長アップに活用する取り組みが注目されています。

関連サイト:http://yxrepe6q.jugem.jp/

さらに、この「大人になった」という脳の勘違いは、思春期を迎える時期を早める結果も導きます。
ですので、「思春期を迎えるまでの身長」が「思春期中に伸びる身長」のベースとなって最終身長が決ります。
そのため、まだ、身長がそれほど伸びていない段階で思春期を早く迎えてしまうと、最終身長が予想よりも低くなってしまうことになります。

絶食jや無理な断食など食事を抜くなどの過度なダイエットで栄養不足になり、成長ホルモンが分泌されなくなるのは想像しやすいかと思います。

しかし、過食による肥満もまた、成長ホルモンの分泌量を減らしてしまう原因になることは、案外知られていないのではないでしょうか。
身長を伸ばすためにも、肥満傾向もしくは肥満と診断を受けた場合は、生活習慣を見直す必要があります。

成長ホルモンは脳の下垂体から分泌されるホルモンの一種です。身長を伸ばし体を大きくする成長期のみならず、成人後も生涯分泌され続けます。
細胞の代謝を司るなど、健康的に生命維持を行うのに欠かせないホルモンです。

この成長ホルモンが分泌される時間帯は、主に睡眠中と過度な運動時。
しかし、これら2つをしっかりと生活に組み込んだとしても成長ホルモンが十分に分泌されるかどうかは不明です。

そこで、取り上げたいのが、「アルギニン」という成分です。

サプリンクスなどのネットショップで比較的安価に手に入れることが可能です。

アルギニンはアミノ酸の多くの栄養素の中で、最も成長ホルモンの分泌を促す効果がある栄養素として医療現場においても活用されています。